ZERO1

2010年05月22日

第15回リレーブログ崔領二「初めて買ったCD、レコード」

Image199.jpg初めて買ったCD

題名:「ギルバート・オサリバン」

たしか最初に買ったCDは、ギルバートオサリバンのベストアルバムでした。


たばこのCMで流れていて、あっ! っと惹かれて
即座にレコード屋に駆け込んで
「すいません、あの...たばこのCMの音楽ください」と
無茶な発言をしたのを思い出しますね。


でも、それくらい惹かれてしまう曲です。


「アローンアゲイン」という曲で、一度聞けば知らない人でも
「あ〜あれか!聞いたことある」なんて思い出すことでしょう。
それくらい世界的にヒットした名曲ですから。


アルバムに収録されている全曲が名作というのは
後にも先にも、これだけです。

みなさんも是非聞いてくださいね!



さて次は柿沼か....

んん お題は「北朝鮮のこれから」でお願いします。
posted by ZERO1 at 00:00 | 崔領二

2010年04月17日

第14回リレーブログ笹崎勝己「自分のちょっと変わった趣味」

011.JPGどうも。横山選手からリレーされました、笹崎です。

『お題は「自分のちょっと変わった趣味」でお願いします』と横山君が半笑いで言ってきました。

無性に腹が立ったんで、次にまた横山君に回してお題を
『英国式庭園について』なんてのにしてやろうかと思いましたが、無駄な争いは疲れるし、横山君が妙に英国式庭園に詳しくて長文のブログを書いてきたら面白すぎるんで、やめました。

趣味ですか・・・・・・・

僕がお見合いとかで一番聞かれると困る質問ですね。
別にお見合いした事はないですけど。

趣味といってもぱっと思い浮かぶのは「読書」に「音楽鑑賞」とかですかねぇ。
こんなのお見合いの席で言ったら、「まぁ平凡で面白味の無いお方」なんて思われちゃいますよ。

まあ、お見合いしませんけど。

あえていうなら、趣味と呼べるかわかりませんが間取り図を見るのが好き、
って事ですか。

不動産屋さんの窓ガラスに貼ってあるやつですね。
あれを特に引っ越す予定もないのに、立ち止まって眺めてたりします。

地方に営業に行った時にも、不動産屋さんの前を通りかかったら
足を止めて見てたりしますね。

どう考えてもお前名古屋とか宇都宮とかに住まねぇだろ!
って自分でも思いますし、実際そんな予定は無いんですけど、
「この辺だとこの値段で2LDKに住めるんだ」
等と引っ越しのシュミレーションしてたりします。

見るのも例えば「六本木駅徒歩3分!3LDK月45万」なんて
現状で借りるのは100%無理、って物件じゃなくて、
自分でもなんとか家賃払えそうな処を見るのが好きですね。

色々見てると、たまに狭い土地に無理やり建てたんで、
間取りがとんでもないことになってるのがあったりして、
それもなんか楽しいんですよ。

部屋が三角形!先っちょはどうすんだ!とか、ありえない所に
トイレがあったりね。

実際に住んだらビフォーアフターの匠に来てもらわないとどうにもならない、みたいなのもありますからね。

何年か前にこういういびつな間取り図を紹介して、
そこにいちいち突っ込みのコメントを入れてく
「へんな間取り」っていう本を書店で見つけて即買いました。

世の中には同じ様な事を面白がる人いるんだな、
とちょっと嬉しくなりました。


という事で次回のリレーブログは、僕なんかよりも変わった趣味を
いっぱい持ってそうな、崔領二選手にお願いしたいと思います。
お題は英国式庭園、じゃなくて『初めて買ったCD、レコード』でお願いします。
posted by ZERO1 at 00:55 | STAFF

2010年03月29日

第13回リレーブログ横山佳和「もしレスラーではなかったら、今、何をしている?」

みなさんこんにちは!!

欠場中の使徒さんからバトンを受け取りました。
2月28日大阪大会でデビューしました、横山佳和です。


まずは、何故プロレスラーになろうと思ったのか話します。

自分は小学生の頃からテレビでプロレスを見ていて、
初めて中学三年の時にプロレスを生で見て、プロレスラーになろうと決めました。

プロレスラーになろうと決めた自分は、高校でレスリングを始めようと思い、
レスリング部のある学校に行きました。

レスリングでは良い成績は残せませんでしたが、プロレスラーになりたいと
思う気持ちで、三年間レスリングを続けました。

進路相談の時、プロレスラーになりたいと先生に伝えたら、浜口道場に行け!と言われ、卒業後浜口道場に入った。(この時使徒さんに出会う)

gkP.jpg

浜口道場には、浅草の丸重と言う百貨店でバイトをしながら、通っていた。
(使徒さんは丸重の面接落ちたらしい)

gkQ.jpg

まだ書きたいことがあるが・・・


話しが長くなるので、この辺でお題に戻ろうと思います。

『もし、レスラーではなかったら今、何をしている?』

たぶん浅草で一人暮らしをしながら、丸重でバイトして、プロレスラーになるために浜口道場に通っていると思う。



次のリレーブログは、レフェリーの笹崎さんにお願いします。

.jpg

お題は『自分のちょっと変わった趣味』です。

笹崎さん、おもしろいのをお願いします。期待してます!!
posted by ZERO1 at 01:58 | 横山佳和

2010年03月21日

第12回リレーブログ植田使徒「生まれ変わったら、なりたいもの」

Ac?.jpg只今、欠場中のシトです。

皆さんお元気ですか?



『生まれ変わったらなりたいもの』

それはネコです。


昔、実家でネコを飼ってまして、その時から思ってました。


起きたいときに起き、寝たいときに寝る。

自分の縄張りの為に戦い、自分の子孫を増やす。


飼い主に媚びず、生まれ持った可愛さで飼い主の心を掴む。


その自由な生き方に、ものすごく憧れました。


だから、生まれ変わったら飼い猫になりたいですね。

というわけで、生まれ変わったらネコになりたいです。


では、次は横山君にお願いします。

お題は

『もし、レスラーではなかったら今、何をしている?』です。


お願いします。
posted by ZERO1 at 00:00 | 植田使徒

2009年12月20日

第11回リレーブログ澤宗紀「私のみた変わった夢」

VI?.jpgやりすぎくらいがちょうどイイ!


どうも!最近まで「根底」を「ねぞこ」と

読んでいた格闘探偵団バ

トラーツの澤宗紀(30歳)です。


今回から、ZERO1リレーブログにプリッと参加させていただく事に

なりました。


藤田さんからいただいた今回のブログのテーマはコチラ!


「私のみた変わった夢」


なるほど、夢か〜。


「夢」といえば、俺は高校の頃、その日に見た夢を記録する『夢日

記』をつけてたんですよ。


なんでそんなの書いてたかって言うと、昔、夢日記をつけていた人

がいたらしく、その人が自分の夢日記を読み返した時にあまりに自

分の心が醜く思い自殺してしまったと。


まー、都市伝説かなんかでしょうけど、じゃあ、俺が夢日記つけた

らどうなっちゃうのかな?って思って、書いてみました。


ま、結局、めんどくさくなって辞めちゃったのですが、特に心境の

変化はナッスィングでした。


で、最近、自分の夢日記を読み返してみたら、こ〜れがまた、バカ

過ぎるわ、支離滅裂だわで、本当、どうしようもない。


一つその中の一部を抜粋すると、


「二人の熟女のフェロモンに誘惑されながら、なぜか海賊と戦う」


バカすぎる!


さぁ、ここで、唐突に僕の夢によく出てくるものベスト3にいきま

しょう。


3位!

ジャジャン!(効果音)


田代先生!


誰かって?


小学校の時の担任の先生で、4年間受け持った、すごいかっこいい

男の先生。


2位!

ゴキブリ(しかも大量で奴らはやってくる!)


そして1位!

ビロビロビロボン!(効果音)

ゾンビorヴァンパイア!


夢の中まで戦ってるんです 笑


もっとレースクイーンとか出てこいよぉ!頼むから!


ちなみに、試合の夢で、自分の入場曲が鳴ってるのに全然用意が出

きてなくって焦りまくる……ってのもよくあります。


とにかく……


いいたいことはただ一つ。


夢の中くらいゆっくりさせてくれよ!


岡田姉妹とか、歴代プレイメイトとか出てこいよ!


って事です。(まぁ2つでしたが……)


そんな澤宗紀でした。


次はバトンを植田選手にタッチ!


お題は「生まれ変わったらなりたいもの」


で、お願いします。


それではチャオ!
posted by ZERO1 at 00:00 | レスラーズリレーブログ

2009年12月06日

第10回リレーブログ藤田ミノル「私の好きな音楽」

AC|bh.jpgどうも、藤田です。お題は音楽でしたっけ?
じゃ、早速書きましょう。
私のイメージはどうなのか分かりませんが、これでもかなり色々聞く方です。
皆さんそうでしょうが、年齢を重ねる毎に好みは変化していくものでして、中学生の頃からの好みを全部振り返ったら、莫大な量のアーティストやバンドになったので省略して今、特に聞いてるのはクレイジーケンバンドですかね。
でもまあ一番最初に耳にしたCMの曲の時には、特にハマった訳ではなく、それから数年後のゲームのタイアップの曲からなんですな。まあそんな時もありますよね。
いつの日か是非ライブにも行ってみたいもんです。
もう、いいすかね?
次回は、私の夢(何故か中学生時代)に同級生の親友として登場した、澤宗紀さんに「私のみた変わった夢」をお願いします。
posted by ZERO1 at 00:00 | 藤田ミノル

2009年11月22日

第9回レスラーリレーブログ田中将斗「私の食生活」

oCLO.jpg最近、あまり食については、何が食べたいとか美味い物が食べたいって欲がない。って言うのも今は雑誌の撮影の為に肉体改造をしていたので、同じ物の繰り返しを食していたからや。
試合のない日は、朝から玄米半合にささ身缶と納豆と卵を一つかけて、それと野菜はブロッコリーやアスパラ、トマトを適量食べて、昼過ぎにプロテイン、そしてトレーニング後にプロテイン。
それから数時間後には、夕食には豆腐にオクラ、納豆をかけてネバネバスタミナ料理。又は、ささ身や胸肉を野菜と炒めたり、湯がいたりするだけで味付けはポン酢をかけるくらいのあまり味付けはしないで、そして寝る前にもプロテインってパターンでオフの日は食っている。
今はある程度考えて食事をしているけど、中学生の頃なんか食べたい物を腹一杯食って、肉っていう肉がパンパンになり、今は絞ってはいるけど、その頃伸びた皮は今でもたるんでいる。(泣)
毎日が同じ繰り返しだと飽きるでしょ?
ってよく言われるけど、これが習慣になってるから問題ないんだなこれが。
撮影が少し前に終わったのである程度は変わっているけど、さほど変化のない食事を今もしている。
雑誌はまだ、いつ発売が決まっていないけど、努力の結果は雑誌で見てくださいね。
さて、次回、藤田ミノル選手にお願いしようと思います。
お題は「私の好きな音楽」。
posted by ZERO1 at 00:00 | 田中将斗

2009年11月08日

第8回リレーブログ高西翔太「プロレスと家族と私」

ZERO1ファンの皆さん、お久しぶりです。
高西翔太です。
今回のお題は「プロレスと家族と私」と言う事で、自分は昨年5月30日にプロレスを引退し、完全にプロレスと離れて一般社会で生活していました。
今年3月には、結婚をしました。どうしても結婚式にはZERO1の先輩方を呼びたくて、事務所にご挨拶に伺いました。
式の司会は失礼かと思いつつも、どうしても大谷社長に盛り上げて頂きたくてお願いしました。
大谷社長は快く受けて頂き、日高さんも快くスピーチのお願いを受けて頂いて、たくさんの方々の協力があり、本当に幸せな結婚式をする事ができました。
その後も幸せな生活を送っていたのですが、どうしても心に引っかかるものがありました。
その気持ちに気付いた妻が、突然『戻れるなら、もう一度プロレスやりなよ。』と笑顔で言ってくれたのです。
いきなりの事で本当にびっくりしたし、結婚式をきっかけに試合も観に行って何よりZERO1の先輩方の熱い試合に、一気にプロレスへの気持ちが蘇ってきたのですが、一度引退した身…という事もあり、それを隠していたつもりでした。
しかし、妻のその一言で自分の中の鎖が一気に外れて、すぐに日高さんに相談すると『明日、練習に来い』とだけ言われました。
仕事があり、一度は断りの連絡をしたのですが、『プロレスをやりたいなら何とか都合をつけて来い』と言って頂いたので、ムリヤリ都合をつけて練習に行きました。
それからは仕事が休みの日は、練習に行きました。
7月1日、ついにリング上で復帰のご挨拶をさせて頂きました。先輩方も本当に快く迎え入れてくれて、本当に皆さんの温かさを感じました。
それから3ヶ月が経ち、10月に現役復帰を果たし妻も本当に喜んでくれました。
自分はまだまだキャリアは浅いですが、プロレスのリングは一度立った人間にしかわからない楽しさ、苦しさ、悔しさ、喜びがあると思います。
自分はまだまだこの気持ちを味わってないですが、それでも忘れきれず戻ってきました。こんな自分のワガママを聞いてくれた周りの方々、先輩方、そして妻への感謝の気持ちを忘れず、精一杯、家族を守り、リングの上で熱い試合をしていきます!
こんな僕ですが、またよろしくお願いします!
さて、次回は田中さんにバトンを渡そうと思います。お題は「私の食生活」でお願いします。
posted by ZERO1 at 00:00 | レスラーズリレーブログ

2009年10月25日

第7回リレーブログ日高郁人「新人時代の良い・悪い思い出」

現在、絶賛欠場中の斎藤謙から回ってきました、このお題。
ぶっちゃけ新人時代に良い思い出なんてあるわけないんですよね。練習にはついていけない、雑用は大変。
バトラーツはUWF直系だから、練習はカール・ゴッチさん式のトレーニングが多く、初日から潰れてました。また、礼儀面が厳しかった記憶があります。それは今となっては僕の財産で、先輩方に感謝しています。(そんな中でも斎藤によく似てサボリ上手な後輩もいましたが。(笑))
悪い思い出?
トラウマはトイレの芳香スプレー。当時、僕はアマレスマットの上やリング下で寝てましたが、道場には先輩達も住んでいて、一日中、気が抜けない日々。トイレは、数少ないひとりになれる場所でした。その頃のトイレの芳香スプレーはフレッシュグリーンの香りでした。デビューして数年、関係者宅でトイレを借り、当時と同じ芳香スプレーの匂いに「ウェッ!」となりました。
そんなにあの時代がイヤだったんですかね?(笑)
しかし、厳しいだけではありませんでした。僕は同期もすぐに居なくなり、新弟子ひとりだったので、近い先輩は雑用手伝ってくれたし、面白い先輩も多かった。よく笑わせていただきました。
そして一番良かったこと?嬉しかったこと!
入門して40数日、スパーリングで石川雄規さんから腕十字で一本取ったことですね。僕はあの団体に入門して本当に良かったと思っています。
お次は復帰したばかりの高西翔太にバトンを渡します。お題は『プロレスと家族と私』よろしくどうぞ!

posted by ZERO1 at 00:00 | 日高郁人

2009年10月11日

第6回リレーブログ斎藤謙「酒と私」

寮生の兄貴分、耕平兄さんからバトンされました。
えーっと、お題が…「酒と私」
えっ!…酒と私!?なんじゃそりゃ!?そんなん耕平さん自身が語るべきお題じゃないっすか。僕に渡すお題じゃないよ…。まぁいいや、書きます。

この世界に入って初めて飲んだのが耕平さんと…。確か耕平さんに仕事で呼ばれてその後に『もじゃこ』で飲んだんだ。カルピスサワー5杯でベロベロに…。
めっちゃ酒、弱かった。

それからよく試合後に呼ばれて飲んだりしてたら、多少は飲めるようになったかな。テキーラ・ジン・電気ブラン・泡盛・バーボンなど。とにかく強いお酒を飲まされて、飲酒→トイレ→二日酔いが、お決まりのパターンだったっけ。
こうして強くされたんだ。

もちろん、ココには書けない失敗も多々ある。でもいまだにお酒のおいしさが、わかんないんだよな〜。
横山(練習生)が『もじゃこ』で耕平さんと泡盛飲みながら「この久米仙、美味いっすね!」なんて言ったけど信じられなかったな。たがら僕は極力お酒の味のしない甘い酒を好むんだ。

新宿二丁目にはよく現二冠タッグチャンピオンのお二方と暴れに行ってた。そこではとにかく飲みまくり、千鳥足になりながら帰った記憶がある。他のお客さんと仲良くなった事もある。みんな酔っぱらってたから、無礼講で遊んでた(笑)
「ショーイチさん!」や「コーヘーちん!」って呼んでた(笑)

今は練習がきついので試合後くらいしか飲まないようにしてる。でも我慢して飲んだ分、ちょっとは美味しく感じるようになってきた。
僕も大人になったんですかね(笑)

えー、次は練習やプライベート話でお世話になりっぱなしの日高さん!
テーマは『新人時代の良い・悪い思い出』でお願いします。
posted by ZERO1 at 00:00 | 斎藤謙

2009年09月27日

第5回リレーブログ佐藤耕平「携帯電話と私」

俺は携帯電話は、あまり使いません。

暇つぶしにニュースを見たりするぐらいで、本来ある機能をほとんど使いこなしてないと思います。

メールなども絵文字は全く使いません。

しかし、酒を飲んで酔った時だけは何故かやたらと電話をしてしまいます。

別にこれといった用もないのですが、うちの後輩や、S本、T中さんなんかにもしてしまいます。

当然、酔っぱらっているので話した内容なんぞ覚えてるはずもなく、次の日履歴を見てびっくりします(笑)。

にも関わらず飲んでる席で携帯をいじくってる奴を見るとイラっとします。

酔っ払いは真面目に相手しても無駄なので適当に流してやりましょう。

何故か酔うと電話したくなるのですが、逆の立場で酔っ払いから電話がくるとイラつくので酒を控えて気をつけたいと思います。

でも、電話は控えられても酒は無理!(笑)

という事で、次は後輩の斎籐謙にバトンを渡そうと思います。

お題は「酒と私」。よろしくー!
posted by ZERO1 at 00:00 | 佐藤耕平

2009年06月14日

第4回リレーブログ KAMIKAZE編「今ハマってるものとその理由」

200906071546000.jpg『今ハマっているものと、その良さ』

とゆうお題で、浪口からバトンを受け取りました、

キティちゃんと同じ誕生日のKAMIKAZEです。

私は趣味が少なく、
なおかつ、こうゆうとこには書けない趣味ばかりなので、
随分悩みましたが、
最近とゆうか、
昔からずっと続けているのが、

『ウォーキング』

ですね。


ジムのランニングマシーンで、
タイムを見ながら歩くのは苦手で、
基本、野外の自分で決めたコースを歩きます。

でも最近は、ジムで1時間、
自宅に帰ってきて1時間と、

1日2時間歩く事もあります。

ジムでの1時間は、
タオルでタイムをかくして歩きます(笑)

さらに最近では、
同じジムに通う同級生の女の子を隣に歩かせ、
60分犠牲にしています(笑)


タイムを見ながらやると長く感じるけど、
話をしながら歩くと、
60分なんかあっという間なんですよね。


がっちりウエイトやった後に、昔話しながら歩いてます。


野外の場合、
ちょっと前までは、
雨の日は妥協していましたが、
今は雨が降ろうが、
槍が降ろうが、
必ず歩きます。

天気のイイ日も悪い日も、
色々な発見があり、
毎日変わる光景があります。

ボール遊びをしている子供たち、
井戸端会議をする奥様方、
犬の散歩をしているおばさんやカワイイ女学生(笑)、
川の流れや草木の変化、
こんなとこにこんな物やお店があったのかと、
その他もろもろ、
色々な事に気付きます。


今までは、行事があると歩けない日があったりしましたが、
3月からはほぼ休みなく
パーフェクトに歩けています。


特に食事制限はせず、
普通にお酒も飲むし、
何でも食べるようにしているので、
体重的にはあまり変わりませんが、


秋くらいには、
トレードマークのどてっぱらが、
少しへこんでるかもしれませんね(笑)


すでに、
『コンディション良さそうだね!』
なんて言われています。


正直、絶好調です。


完全に練習の一貫ですが、
これだけは一生やめないと思います。


そして、
なんといっても

『健康』

それがウォーキングの最大の良さです。


体を壊したら、大好きなプロレスもできません。

『鍛える』とは別のところで、
健康を意識しているかもしれません。


長くなってしまいましたが、
私が今ハマっているものと、その良さの紹介でした。


またお会いしましょう!


バトンは耕平に渡します。


お題は、

『携帯電話と私』


それではよろしく!
posted by ZERO1 at 00:00 | KAMIKAZE

2009年06月07日

第3回リレーブログ浪口修「レスラーになって得たこと」

090606namiguchi.JPG植田の野郎…

俺にバトンを渡すのは良いが難しい課題を出しやがって(-"-;)

どうもいろいろあります、現NWAインターコンチネンタルタッグチャンピオンの浪口です。
一応チャンピオンですからね。皆さん忘れないでくださいよ!!!

さて…
植田からの課題タイトルが「レスラーになって得たもの」
でしたね。

得たものですか?

…。

……。

………。


正直言ってこれといってありません!!

何故ならレスラーというより、「東京に出て来てから得たもの」といった方が正解だから。

いや。
そんな事はなかった!!!


俺がレスラーになって得たものそれは……

『ファンの皆様』

俺を応援する人、嫌う人、いろいろ居るけれど、それこそが俺が得た最大の幸せだ!!

よし!キレイにまとまったから次のバトンを渡そう!!
次のバトンは…


Mr.ムーンサルトKAMIKAZEさんです。

課題は『今一番ハマってる物とその良さ』です。

よろしくお願いします。
posted by ZERO1 at 00:00 | 浪口修

2009年05月31日

リレーブログ第2回 植田使徒「プロレスラーを目指していた時の話」

チャス!!

シトです!

大谷さんからバトンを受け取りました!

『プロレスラーを目指していた時の話』をさせていただきます!

自分は岡山県新見市で生まれ育ち19才で、新日本の入門テストを受けた!

約70人の受験者が集まっていた!

それでも自分は変な自信があり、絶対に受かると思いこんでいた。

しかし、結果は50メートル走で落ちてしまった。

ものすごいショックで、もう田舎にいては無理だ!
東京に出なければ!

そう思い貯金を始め、5ヶ月後に上京した!

そして千束にアパートを借りた!

なにもわからない東京で不安で一杯で最初は毎日のように実家に電話をしていた!

上京して一週間後にアニマル浜口ジムに見学に行った!

そして、恐る恐るジムのドアをあけた。

そこは異様な雰囲気、そして汗の匂い!


僕は、その時コーチをしていた浜口会長の息子さんに見学をさせていただいた。

すると突然、ジムのドアが勢いよくあいた!

浜口会長だった!

忘れもしない、最初の言葉!

『よう!!プロレスラーになりたいのか!よし!明日から来なさい!』

自分はあっけにとられ、「はい!お願いします!」としか言えなかった!

さすがに、翌日からは行けないのでバイトが決まってからということになった。

バイトもなか卯に決まり、ジムに通い始めた。


その頃の同期は、新日の内藤選手、吉橋選手、ドラゲーの鷹木選手、全日のKAI選手、T28選手、K-DOJOのランディー拓也選手達がいました!


彼らとは練習も刺激しあって、それぞれの入門テストの日まで競いあいました!

21才で全日本プロレスを受けました!

落ちました。

この時、高西さんが受かったんです。


このテストで自分はかなり自信をなくし、やる気もなくし、なか卯も辞め自暴自棄になり少し酒におぼれました。

この頃、合同練習も休むようになりました。

image0033.jpg
数ヶ月がたち、浜口ジムにウエイトトレーニングに行った時に(自分はこの時期、会長に会いづらくなっていて少しさけるようになっていた…)会長がいつも来られない時間に会長がジムに来られた。

自分はこの時、とても気まずかった。

しかし会長に気まずそうに『お疲れ様です』というと会長は『おう!植田、元気にやってるじゃないか!植田が練習に来ないからスパーリングでみんな物足りなそうにしてるぞ!おっ!?また体が大きくなったんじゃないか?ハハハっ!次の日曜日の練習にこんな練習をしようと思ってんだ!この技なら植田、強くなるぞ!先輩からどんどん一本とってやれ!ガハハハっ!』

自分は会長に見捨てられていると思っていた。

しかし、会長は自分の事なんてお見通しで逆に励まし、勇気づけてくれました!


そして、新しい仕事も見つけ、またプロレスラーになるために練習を再開した!


数年が過ぎ、仲間たちはそれぞれの団体に入門した。

そして、最後まで受からずにジムに残ったのが自分と吉橋だった!


彼とは互いに励ましあい、「絶対にいつか、プロレスラーになろう!」と、ともに頑張り、酒を飲みグチりあった!

そして、ジムに入り四年目の夏にZERO1を受け合格した!

このZERO1を受けるにあたっても会長に相談した!


この頃の浜口ジムには一年に受ける団体は一つ!
一年に何度も受けてはならない!という暗黙のルールが受け継がれてきていた。

自分は会長の自宅に行き、想いを伝えた!

植田『僕は入門テストを三回受けて、これで落ちたらもうプロレスラーになることを諦めようと思います。』

会長『植田は本当に諦められるのか?』

植田『本当は諦めきれません。しかし、一年に一回しか受けれませんし、来年は25才でもう受かる事なんてできないと思います!』

会長『バカヤロー!!そんな事、気にしないでもう一回受けてみろ!!』

植田『いいんですか?』

会長『プロレスラーになるために頑張ってきたんだろ!プロレスラーにならなくてどうするんだ!!』

植田『ありがとうございます!最後にもう一度頑張ります!』

会長『もう一度受けさせろと言いにきたんだろ!』

植田『はい!ZERO1を受けさせて下さい!』

会長『よし!いいじゃないか!やってみろ!』

植田『はい!頑張ります!』

ジムでの先輩達からの風当たりは少し強かったが、テストまでこぎつけた!

そしてなんとか入門する事ができた!

103.gif
しかしまだこの時、吉橋はジムに残っていた!

しかし、彼も五回目のテストで新日本に入門する事ができた!

この時は本当に嬉しく、祝福の電話をして長いこと話した!


本当に会長、両親をはじめ、いろんな方に支えられ、プロレスラーになれました!

自分一人では決してプロレスラーにはなれていません。

だからこそ今、プロレスラーになれたのだからたくさんの人に元気を届けたいと思います!


本当に浜口ジムに入って会長に出会えてよかったです!

そして、たくさんの仲間(ライバル)にも出会えた!


本当に感謝します!

植田使徒



次のバトンは浪口さん。
テーマは「レスラーになって得たこと」。

よろしくお願いします!



※ちなみに週刊プロレス1467号(崔選手が表紙となった3/29靖国大会特集号)の19ページに記載されている新日本プロレスの入門テストの模様に当時の植田選手が映っています。
 どこにいるかは、ぜひ探してみてください。
posted by ZERO1 at 00:00 | 植田使徒

2009年05月24日

ZERO1リレーブログ第1回 大谷選手「藤田穣…」

0524ohtaniblog.jpgついに始まったZERO1リレーブログ。


なにかスタートに相応しい話を書かねばなるまい。


う〜ん( ̄〜 ̄)ξ


う〜ん( ̄〜 ̄)ξ


考えれば考える程、何も思いつかない。


このブログがアップされる日は24日。


その日は新宿FACE大会当日。


この日僕は藤田穣と一騎打ちを行う。


なので今回は藤田穣との出会いを語るとしよう。


しかし藤田との思い出を語るととてつもなく長くなるので初めて出会った時の話だけ記したいと思う。


それは僕がまだ新日本プロレスのジュニアヘビー級で毎日のようにライガーさん達に叩きのめされてた時代。


僕の高校時代のレスリング部の顧問でもあり一番の恩師である先生から連絡をいただいた。


先生「プロレスラーになりたくて仕方ないって生徒がいるんだよ。一度会ってやってくれないか?」


そこで田舎に帰った際に高校を訪れたのである。


そしてそこで初めて藤田穣に会った。


真っ直ぐに相手を見つめ負けん気が強くとにかく一生懸命な姿が印象的だった。


そして僕なんかが言えることではないが、この男は何か持ってるなと思わされる何かがあったのを今でも覚えている。


これ以上記すとキリがなくなるので藤田穣との思い出はまたいつか記したいと思う。


それでは次にブログを書くレスラーを指名しよう。


先日地元の岡山県新見市でたくさんのお客さんの前で必死に頑張った植田!

テーマは「プロレスラーを目指していた時の話」とさせて頂きたい。

熱いブログ頼むぞ!!




大谷晋二郎vs藤田ミノルが行われます新宿FACE大会の当日券は10:30より販売いたします。

ご来場お待ちしております。

「ZERO1 WRESTLER’S 3」
5月24日(日)東京・新宿FACE 12:00開始
☆ZERO1 Scrambling Survivor 1
大谷 晋二郎 vs 藤田 ミノル

他全対戦カードは下記アドレスをご参照ください。
http://zero1-cardresult.blog.players.tv/article/28790902.html
posted by ZERO1 at 00:00 | 大谷晋二郎
spacer.gif